MENU

食べても太りにくくする方法を知りたい!

確かに、12月〜1月のこの時期はやたらと食べたり飲んだりするイベントが多いと言う事実がありますね。

 

何と言いますか〜クリスマスとか忘年会とか新年会とか餅つき大会とか・・・・。

 

とにかくカロリー摂取が多いこの時期なので、毎年確実に年末年始だけで5kg位太っている!と言う人が多い様です。

 

そんな中、たくさんケーキやお餅を食べているにもかかわらず、ドコに今食べたものが入ってるの?と言う位スリムな従妹が居るんですが、彼女はとにかくたくさん食べる所を見るんですが、全く太らないと言うか、何をしたらそんなに太らないのか不思議!な状態なのです。

 

なので、とうとう聞いてみたんですよ。

 

どうしてそんなに食べているのに太らないの?と。そうしたら、まずご飯を食べる前に必ず食物繊維の多いものを胃に入れてから、それからご飯だのケーキだのと消化吸収力が高くてしかも柔らかい系の食べ物を食べて飲み物はなた豆茶と言ってきました。

 

ええ〜それだけ?と信じられないかも知れませんが、実際に食物繊維の多いものを食べてから糖質系の物を食べると消化吸収を抑制する効果があるのは確かなのです。

 

この時に食べる食物繊維多めのモノはキノコだったりコンニャクだったりしているそうですが、最近はゴマの代わりにチアシードを使って和え物をしたりしていると言うので、更に食物繊維を前もって食べている事になりますね。

 

因みに最近は食前に、シメジ100gを炒めた後ポン酢とチアシードで和えたものを食べてるそうですが、これを食べてから食事をたくさん!食べても全然太らない〜と言っていたので今度試してみようと思います。

 

美味しいなた豆茶で鼻炎&口臭改善

 

実は私も20歳を過ぎた頃になた豆茶を飲んだことがあるのです!と言うのもその頃、酷いアレルギー性鼻炎に悩まされていました。

 

また、それくらいの時期に人生の初の恋人ができたので以前よりも口臭も意識するようになったのです。

 

それまでは全く悩んでいなかったことだけにどうしたら良いかわからず、家族に相談したところなた豆茶?を紹介されたのです。

 

当時の私はなた豆茶という言葉は聞いたことがなく、飲んだこともない未知の領域の飲み物でしたが以前からハーブティーや健康茶に興味があったので、興味津々で飲んでみることにしたのです。

 

それまで家で常飲していたのはウーロン茶ですが、その代わりにしばらくなた豆茶を飲み続けました。

 

なた豆茶の袋を開けた時に気づいたのは、何と言っても香りがいいことで、豆の香りがたいへん香ばしく、もともと豆類が大好きだった私にはピッタリでした。

 

味もクセがなく、口当たりもまろやかで美味しく飲めます。

 

健康茶というと中には飲みにくい味のものもたくさんありますが、なた豆茶はかなり美味しい部類に入りましたね。

 

肝心の効果は、まず鼻炎の方は以前よりも少し良くなりました。

 

以前は一度ムズムズを感じると数時間それが持続してしまっていましたが、今はそれほど長引きません。

 

鼻水の量も、このお茶のお陰で幾分落ち着きました。

 

寝る前に鼻が詰まって息苦しいなと感じることも減りました。

 

鼻炎のピークは花粉の多い季節ですが、このお茶があれば少しはマシになるかなと期待しています。

 

口臭については、鼻炎以上に効果を実感することができました。

 

自分の口臭がどの程度なのか調べるためにビニール袋に息を吹きかけてそれを嗅いでみましたが、以前のツンとするような発酵臭のようなものがだいぶ和らぎました。

 

自分でも本当に臭いなと思っていた寝起きの息も、驚くくらいニオイが薄くなっています。

 

美味しいお茶で気になっていた鼻炎と口臭を一度に治せるなんて、夢のようだと思いました。

 

毎日飲むには値段が少々高いですが、このお茶を飲んでからというもの体の調子がとてもいいので、これからもずっと継続して飲んでいきたいです。

 

これらの効果をもたらしている理由ですが、実はなた豆に含まれるカナバニン?という成分だそうです。

 

カナバニンの詳細について書こうと思ったのですが意外と長くなりそうなのと書く時間がないという理由で今回はやめることにしました…ので、カナバニンの効能について詳しく書いているブログを紹介します。

 

そちらを参考にしてください。

 

カナバニンの効能は?≪なた豆茶に含まれる注目成分の効果とは!≫

このページの先頭へ